大分県国東半島特産

手作り縄ぞうり(七島イ草履)とは・・・

なおこ赤
なおこ赤

青木本店の縄ぞうりは、国内唯一の「七島イ」の生産地で、草履の足と接する面に「七島イ」を使用しております。七島イの縄は耐久性に優れ、足裏に接する面が縄織りの凹凸になっているため、通気性に優れ、足ムレせず、べたつき感もなく快適な履き心地です。特に夏場に履く七島イ草履は格別で、さらっとした足裏の感触がご好評です。

 

 

一つ一つ丁寧に手作業にて作られます。

自社工場では生地、ゴム底、畳表等を1つ、1つ丁寧に裁断し、鼻緒の作成・テープ巻き・鼻緒の差し込み・ヒール、ゴム底の接着・圧縮・検品と心を込めて製造しております。


縄表の種類・・・

縄表の種類は、畳表・縄・寄せ草・カラー縄などのタイプがあります。

通常は縄タイプになります。

ゴム底の種類・・・

(外履き用)

通常のゴム底で程よい硬さ・滑り止め加工しております。

軽量で長時間履いても疲れにくいです。

(室内用)

室内用のスリッパ底で床などに傷が付きにくい加工になっております。

(外履き用)

登山靴などの底に使われることで有名なビブラムソールです。

多少重いですが、耐久性に優れた丈夫なゴム底になります。

カリプソタイプの2L・3Lタイプに使用できます。